マイクロスコープを用いた根管(根幹)治療のパイオニア|吉松歯科医院

根管(根幹)治療について

  • HOME »
  • 根管(根幹)治療について

虫歯が神経まで達している重度の虫歯治療に行うのが、根管(根幹)治療です。虫歯に冒された歯の神経をきれいに取り除き、徹底的に根管内を清掃して消毒をします。根管(根幹)治療を確実に行うことで、重度の虫歯でもご自身の歯を残すことができ、悩まされてきた痛みも消えます。

根管(根幹)治療は難しい治療?

根管(根幹)治療は、徹底的に歯質や神経をきれいにし、消毒をしてしっかり薬剤を詰める処置が治療の成功に必要です。根管(根幹)は、とても複雑な構造を要しているため、肉眼では見ることができません。治療をする際は、担当するドクターの経験や技術などその知見に頼る必要があります。このことから根管(根幹)治療は、高度な技術が要求される歯科技術といえます。

こんな方におすすめの根管(根幹)治療!

◆虫歯が深く進行して、神経まで達してしまった方

歯に痛みが出ると、根の治療として根管(根幹)治療が必要になります。虫歯が進行して神経まで達すると、強い痛みが出たりしみたりなどの症状が出ます。痛みを取るため歯に麻酔をして、神経を取る抜髄治療をします。抜髄後、根管(根幹)治療を行い歯の根の中を消毒します。

◆神経が死んでしまった方

虫歯が深く進行したり、転倒など歯をぶつけたりする場合には歯の神経が死んでしまうことがあります。死んだ神経をそのままに放置をすると、細菌が根の先まで入り込んでしまうことがあります。この場合、根の治療を行って歯の根の中を消毒をする必要があります。

◆歯の根の先に膿が溜まってしまった方

神経が死んで時間が経つと根の先に歯根嚢胞という膿の袋ができます。この症状は出ないことが多く、レントゲンを撮った時に見つけることができます。そのまま放置をすると次第に大きくなっていき、痛みや腫れがの症状が出ることがあります。歯根嚢胞の原因は、根の中の細菌のため、根管(根幹)治療を行い歯の根の中を消毒します。

◆歯茎が腫れている方

歯茎が腫れ、痛みの症状が出ることがあります。病気や疲労などで体力が低下し免疫力が落ちると、根の先に溜まっていた膿が、晴れを引き起こしています。腫れを引かせてから根管(根幹)治療を行って根の中を消毒する必要があります。

◆歯茎が白く盛り上がっている方

歯茎に白く盛り上がって、できものができることがあります。実は歯の根の先に膿が溜まって、膿が出口を求めて歯茎から出てきているのです。根管(根幹)治療をして、歯の根の中を消毒することで、この白いできものは治っていきます。

吉松歯科医院の根管治療の6つの特徴!

1.必ずラバーダム防湿を行います。

先進国の根管(根幹)治療では、必ずラバーダム防湿を行います。アメリカでは、動物の根管(根幹)治療にもラバーダム防湿を用います。唾液自体の細菌の存在を知るためと複雑な根管(根幹)を薬品を用いて化学的洗浄を行うためです。吉松歯科医院で使用している薬剤は、次亜塩素酸ナトリウム、EDTA、クロルヘキシジンを主に使用しています。

2.術前にCTを撮影して治療を始めます。

これは、三次元的な情報を術前に得るために行います。また吉松歯科医院で使用している歯科用CTは、非常に放射線量が低く4.7~13.3μSv(撮影部位により異なります)です。例えば1日に受ける放射線量は世界平均7μSvです。また、東京とニューヨーク間を飛行機で往復したときの受ける実効線量は、200μSvとなります。

3.根管に用いる根管充填材をバイオセラミックスを当院では2007年より使用しています。

根管(根幹)充填材として、バイオセラミックスが現在最も優れた材料だと考えています。これは、MTAを進化させたバイオセラミック技術を応用した材料であり、2007年にカナダのIBC 社が開発して現在世界的に発売されているものです。特に優れた生体活性材料で生体親和性があり、水硬性、抗菌性、等の特徴を持つものです。

4.毎回麻酔をしてから治療を行います。

患者さんに苦痛を与えないため、毎回麻酔をしてから治療を行っています。症例によっては根の先(根尖部)から器具を出して感染部を除去したり、必要によっては根尖部から薬液を出すこともあるためです。

5.ファイバーコアを使用しています。

根管(根幹)充填後のアポイントで打診痛がない場合は、ファイバーコアをラバーダム防湿下において接着させて根管(根幹)治療の終了になります。

6.出来るだけ外科的な根管(根幹)治療にならない様に心がけています。

外科的な根管(根幹)治療が多いということは、通常の根管(根幹)治療が失敗したために外科的な根管(根幹)治療が必要になることを意味します。根管(根幹)内部感染部の取り残し、拡大不足、複雑な根管(根幹)形態なために見逃しの根管、根尖郊外部にある感染部の取り残し等のために根管(根幹)治療が失敗になります。

治療の流れ

1.初診

初診は、1時間程度のお時間が必要になります。通常は、マイクロスコープによる診査診断、写真、及びレントゲン検査(デンタル、パノラマ必要に応じてCT)をして、どんな治療が必要なのか、大まかな治療回数や期間、治療費用を正確にお伝えしています。また、初診料は、20,000円(税別)になります。

2.精密検査

歯のみの治療であれば、その歯の前後やかみ合う歯に合わせて、修復物を作ればいいのですが、何本もの歯を同時に治療していくとなると、応急処置の歯の治療が終了後、口の中全体の精密検査が必要になります。それぞれの歯の状態を調べるためにレントゲンや歯周検査、かみ合わせの状態を把握する等、矯正治療の必要性やそれぞれの歯を保存して行くのか、歯が失われている所には、インプラント治療をするのか、骨の状態はどうなのか、など口の中全体を把握する必要があります。精密検査の費用(健康保険適用外)は、70,000円(税別)で、こちらは全顎治療の場合の費用となります。

3.文書による治療計画の提示

精密検査のデータを診て、口の中全体の現在の問題点、将来的な治療を考えた歯科治療のご提案を文書にて提示させていただきます。歯科治療も人間が行う行為なので、一度治したら一生持つというものではありません。しかし一度全体的に治療させていただいた患者様には、親身になって出来る限りのフォローをさせていただきます。

4.治療目標の決定

どこまでの治療をするのか、どのように治療を進めていくのか、を患者様とよく相談をしながら最終的な治療のゴールを決めて、治療契約をしていきます。

5.治療開始

炎症がある場合、まずは炎症の除去から始まります。根管治療(根幹治療)や歯周治療はこの中に含まれます。修復治療に関しては、必要に応じて仮の歯を何度か製作して、機能性、審美性、清掃性、発音等の様々な問題点が改善されて、最終的な修復物(多くはセラミック)に置き換わります。

6.治療再評価

治療が当初の計画通りに進んでいるかの確認をします。場合によっては、治療計画の見直しが必要になることもあります。再評価時に治療の現状を確認いたします。

7.治療終了

最終的な修復物が口の中に装着されると治療自体は終了になりますが、その状態を維持、継続をさせていくためのスタートになります。適期的なメンテナンスが必要です。

8.リコール

長期的予後への定期検診(1から6ヶ月)、かみ合わせ、咬み合わせ、噛み合わせ、歯周病のチェックが必要です。普段のお手入れでは取りきれない歯石や着色を除去します。

神経の保護治療、根管(根幹)治療の際は、お気軽にご相談ください。

PAGETOP
Copyright © 吉松歯科医院 All Rights Reserved.